ど素人から毛を生やす。<延>

擬似要素で回り込みを解除する

Web > css 2014年3月14日(最終更新:3年前)

このページは2014.3.14に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。久々にスーツ着てきたのに外出予定が白紙になった餅。です。

探しているのに見つからないゲームは、近所のゲーム屋に置いていませんでした。
仕方ないのでダウンロード販売はないかと思えばなく、そんなだから今買おうとするとプレミアついて1万円超えだそうで。

…もうちょっと探します。

さて、CSSについてです。

回り込みを解除する方法といえば「clear:both」ですが、これの使い方をよく忘れるので忘備録を兼ねてのめもめも。

普通のブロック要素に「clear:both」で前にあるfloatを解除。
これは良いですが、問題は擬似要素(after)でfloatを解除するとき。

回り込み要素:after{
content: "";
clear: both;
height: 0;
display: block;
visibility: hidden;
}

ここまで書かなくても良い場合もあるけど、取り敢えずこんだけ書いておけば確実に回り込み解除できる。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)