ど素人から毛を生やす。<延>

MTでサイトパス変えたら画像srcが消えた件

Web > Other 2015年9月16日(最終更新:2年前)

このページは2015.9.16に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。

wpと違いmtは実際にHTMLを吐き出すため、既存のページをそのまま存在させながら、裏で新しいデザインのページを構築する…
なんてWeb屋としてはとても勝手の良いことも可能です。

が、これをすると、ちとキツいトラブルも発生してしまうようです。

ウェブサイトのディレクトリの中に画像を入れて、
そのウェブサイトのパスが変わってしまうことで、
mtと画像の繋がりが消えてしまうようなんですね。

ですので、新しいページを裏で作りたいときはやり方を考えなければならないのですが…
今回は既にその問題が起こってしまったときの対処法です。

mtの記事編集画面で、カスフィに登録したハズの画像のプレビューが表示されない場合にご参考をば。

 

この画像生成タグは使えない

<MT【カスフィ名】Asset><img src="<$MTAssetThumbnailURL width="70" height="70"$>"></MT【カスフィ名】Asset>

 

この画像生成タグは使える

<MT【カスフィ名】Asset><img src="<$MTAssetURL$>"></MT【カスフィ名】Asset>

 

幸か不幸か、画像との繋がりは絶たれても、一度繋がった画像のパスの情報は残っているらしく。

サムネイルを生成することはできなくなっても、単に登録した画像を表示することはできるようなのです。

ページが少々重くなりますし、CSSも追記しなければなりませんが、これで数百件の画像を登録し直し…、なんて絶望的な事態は取り敢えず避けられます。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)