ど素人から毛を生やす。<延>

Smart Release を何度やっても失敗する…

Web > Other 2015年12月4日(最終更新:1年前)

このページは2015.12.4に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。

CPIサーバーって便利ですよね。
今回、本番環境で構築していたサイトを、テスト環境に移さなければならない事件がありました。

すべて転送に失敗しました
システム内でエラーが発生しました

ファイルを選択して転送に失敗しました
システム内でエラーが発生しました

oh..._(:3」∠)_

何度試してもこの調子。
もはやこれまでか...orz となりかけていたところだったのですが、解決できたので情報晒しておきます。

 

原因:ファイルかディレクトリの数が多すぎた?

今回の件で初めて知ったのですが、公式ヘルプによれば、スマートリリースには以下の制約があるそうです。

下記の項目に一つでも該当する場合、 SmartRelease を利用する事が出来ません。

  1. ファイルの総数が 70,001 ファイル以上の場合
  2. ファイルの総容量が 10 GB 以上の場合
  3. ディレクトリ構造が 41 階層以上の場合

で、今回のサーバーですが、総容量は400MG強でした。
大きな数値ではありますが、スマートリリースの限界には遠く及びません。

では、ファイル数はといえば、WPとMTが入っているとはいえ、さすげに7万を超えているとは思い辛い。

それなら、ディレクトリ構造は?
多階層というわけではないです。が、ディレクトリ数がかな~り多いのは確か。
100ディレクトリは超えてる気がします。

これかもしれぬ_(:3」∠)_

 

解決:移動先をまっさらにして、必要なファイルのみ移動!

今までは一斉同期させていたため、
現状のサイトを動かすためのファイルやフォルダも転送しようとしていました。

一斉同期が失敗してからは、必要なファイルだけ転送しようとしたのですが、それもダメ。
テスト環境にゴミファイル・フォルダが多かったせいとあたりをつけ、
まずはテスト環境を一度まっさらにしてみました。

それから、新サイトのために必要なファイル・フォルダのみを選択して転送!

したところ、転送に成功しました!

スマートリリースの限界は、移動先サーバーの方にのみ依存するものかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)