ど素人から毛を生やす。<延>

MTで生成したファイル「だけ」500エラーになったらパーミッションを確認

Web > Other 2016年5月13日(最終更新:1年前)

このページは2016.5.13に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。

MovableTypeを使ったサイト作成をしていたところ、
MovableTypeで生成したファイルのみ、アクセスすると500エラーになる事件がありました。

それで知ったのが、
サーバーによってはパーミッションの緩いファイルはアクセスすると500エラーになるということ。

で、MTが自動で生成するファイルはデフォルトでパーミッション「666」。
ちょっと緩い。

防犯性の観点においても、「644」とか「604」とか、その辺りが安全です。

ということで、MTの設定を変更。
こういった根本的な設定変更は、だいたいmt-config.cgiに書き足す感じでおkです。
WordPressでいうfunctions.phpのノリですね。

# パーミッション設定
DirUmask 0072
HTMLPerms 0604
UploadPerms 0604

これで、防犯性も高まり500エラーも解決。
mt-config.cgiに、最初から必ず書き足しておくべき項目かもしれません。

参考サイト:
自分でなんとかするWeb[MovableTypeが自動生成するファイルのパーミッションは設定しておくべき(mt-config.cgi)]

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)