ど素人から毛を生やす。<延>

WP5.2.3でquery_posts()やwp_reset_query()が本格的に死んだんだね。

Web > WordPress 2019年10月25日(最終更新:1月前)

どもです。

約ひと月前、WP5.2.3にアプデした辺りだと思うのですが、サイトアクセス数が急落しまして。
サイトを確認してみると、ソースコード表示プラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」が死んでいまして、ああそりゃアクセスも落ちるわと急ぎ「Highlighting Code Block」に乗り換え。

これで解決と思っていたのですが、ひと月経っても全くアクセス数が回復しない。
もしや急落の原因は別に?

と、慌てて再調査したところ、パンくず表示プラグイン「Breadcrumb NavXT」も死んでいました。
なるほど、サイト表示には大した影響を与えませんが、サーチエンジン的には大打撃ですね。

当サイトのプラグインも大半が5年以上前に導入したものなので、ぼちぼち寿命かなと切なくなりながら自力でパンくずfunctionを作成。

ですが、上手く表示されない。
しかも症状が「Breadcrumb NavXT」のときと同じなのです。記事ページのパンくずが全てカテゴリの最新記事になってしまう。

で、再度、根本的な原因を調査しました。

すると、query_posts()wp_reset_query()を使用するたびにget_the_ID()の取得結果が狂っていることが分かりました。

query_posts()は随分前から非推奨になっていたのですが、このサイトは元は僕がWordpressの学習を目的に立ち上げたものなので、初心者的なコードや旧いコードが混在しているんですよね…。

これを機にサイトからquery_posts()を撤去。全てget_posts()に置き換えました。

パンくずも無事に復活。これで少しはアクセス数も戻るかな?

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)