ど素人から毛を生やす。<延>

WordPress更新できない事件と闘う

Web > WordPress 2014年4月22日(最終更新:3年前)

このページは2014.4.22に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。
最近、ダンガンロンパ関係をpixivで回っていたら、徐々に左右田くんが可愛く見えてきてしまって困っている餅。です。

さんざんハマった人狼動画や友人の熱烈な語りのおかげで、未プレイのくせにネタバレを知りまくっているため、流石にゲームには手が伸ばせないのが悩みどころ。

 

さて、このたび、ついにWordPress3.9の日本語版が公開されたわけですが。

それを中心としたアップデートについて、色々とハプニングが発生したことを今回のネタにします。

 

ネタバレ:だいたいパーミッションのせい

 

①プラグインの更新削除どころかディレクトリに入れなくなった!

WordPress3.8.3の更新の際、他のプラグインもいくつか更新要求が出ていました。
いつものように「エラーは出てから考える」方針で躊躇いなく「ポチッとな」したのですが、どうも上手く行かなかったようで。
どうやらAkismetの翻訳の更新がダメだったようです。
ので、サーバーの方から当たってみようとしたところ、まさかのディレクトリ入れず。
困りましたが今のところ実害がなかったので、此度のアップデートまで放置していました。

んで、これの原因ですが、プラグインのディレクトリのパーミッションが軒並み「751」になっていたせいでした。
しかも、変更できず。

普通のディレクトリならパーミッションを変更すれば即解決しそうなのですが、それができないのでさあ困った。

どうしてそうなったかといえば、プラグインはWordPressが自動でインストールしてくれるものだから。
そしてサーバーの設定によりますが、多くの場合、
「手動で管理するユーザーアカウント」と、
「自動インストールなどを行うアカウント」は別物なのだそうです。
つまり、「他人がインストールしたファイルを権限もないのに触ろうとしている状態」が生まれてしまったわけですね。
こうなってしまうと、「手動で管理するユーザーアカウント」しか持たない人間は、そのディレクトリを触ることができません。パーミッションの変更もできません。サーバーの管理者様に頭を下げるしかありません。

実際、下げました。
パーミッション「755」まで上げて貰うと、漸く操作ができるように。
一安心。

 

②ディレクトリが作成できませんでした。

さて、今度こそ本体の更新です。

「ディレクトリが作成できませんでした」と表示されるときは、wp-content/upgrade/ のパーミッションを書き込み可能にします。
すると、

h260422

▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂うわぁあああああああああああ

もうこういうときは手動アップデート安定です。
勿論、自動更新に拘りたいときはwp-includeとwp-adminのパーミッションを、下層カテゴリまで適用させられるFTPを使って一気に777にしてしまえばミッションコンプリートなのですが、戻すのも結構面倒なので手動で良いと思います。

手動アップデートの際は、まずWordPressを構成する全てのファイルをFTPで落としてバックアップ取得します。
そして落とした最新ファイルを全部上書きます。
意外と簡単。

ただし、よく落ちるサーバーなら別です。
途中で途切れては「どこまでアップデートしたかわからなくなる」ので、サーバー側でアップデートして貰います。

この記事は役に立ちましたか?
  • (`・ω・´) 役に立った (1)
  • (・∀・) 参考になった (2)
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (3)