ど素人から毛を生やす。<延>

WordPressが凄く重いとき試したいこと(CPIサーバー編)

Web > WordPress 2014年8月7日(最終更新:2年前)

このページは2014.8.7に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。
このたび、3DS版のキングダムハーツの購入を決定した餅。です。

ええ、今更です。(発売2012年)
つい先日まで全く興味なかったのですが、すばらしきこのせかいがかなり優遇されていると訊きまして。

あとサイトをちょっとだけ改造しました。

それはともかくWordPress。

僕の所属する会社ではCPIサーバーの利用を積極的に行っています。
理由は色々ありますが、わざわざ/pre/ディレクトリとか作らなくてもCMSの構築ができるのも大きいです。

で、今までテスト環境で問題なく動いていたサイトを本番環境にリリースしたのですが…
そこで問題が起こりました。

手っ取り早く解決法だけ見たい方はこちら

読み込み時間・76秒

h260807

「すごい遅いですね」

oh...さよか......orz
(ちなみに、この表示速度チェックはこちらのサイトから頂けます。超便利。)

リリースを行っただけで、ファイルには一切手を加えていないハズです。
どうしてこうなった。

テストサイトへ戻ってみれば、動作に問題はありません。
この場合、妥当な原因は「テストサイトのURLから画像等を読み込んでいる」でしょうか。
早速Search Regexをインストールし、記事の一斉置換を行いましたが改善せず。
テンプレートの方にもテストサイトのURLを直に指定しているものはありません。

Google先生に「WordPress 重い」とかで訊いてみても、解決方はわかりませんでした。
P3プラグインも突っ込んだので、プラグインが原因でないことは判明済みです。

結局、何が原因だったのか

こんな感じが数時間続き心が折れかけた餅。ですが、唐突に思い出しました。
今年の5月ぐらいにCPIサーバー関連の通知に、こんなのがあったことを。

■Wordpress3.9をインストールして、PHP5.5.9を利用した場合に動作が遅くなる問題について(2014/04/25(金))

当社で提供しているWordpressのCMSインストーラーを利用した後、 WordPressを3.9にバージョンアップした場合に、動作が遅くなる事象が確認されております。

原因としては、当社で提供しているデータベースMySQLのポートが■■■■であるのに対して、CMSインストーラーでインストール後に展開されるファイルに含まれるPHPの設定ファイル(php.ini)では■■■■のポートを指定するようになっておりました。

……今、8月だけど。
このサイトをテストサーバーに立ち上げたのは、5月……!!

手っ取り早い解決法。

.htaccessをチェックです。

AddHandler x-httpd-php559 .php

うふふふふふふ……
貴様が……
貴様が全ての元凶か……!!

要は、CPIサーバーでphp5.5.9を使うと不具合が起きるということだろう……?

AddHandler x-httpd-php5425 .php

というわけで、こいつで☆解☆決☆
ユーザーポータルを確認し、5.5.9以外の新しいPHPを適用させるように設定変更です。

すると、

h260807_2

「ページ表示は速いですね」

「ページ表示は速いですね」(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

ページ表示が速くなりました\(^o^)/

結論

CPIサーバー限定ですが、WordPressが不自然なレベルで重いときはPHPのバージョンを5.5.9以外にしてみると良いと思います。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)