ど素人から毛を生やす。<延>

Breadcrumb NavXTでGoogle検索対応パンくず

Web > WordPress > プラグイン 2014年5月19日(最終更新:3年前)

このページは2014.5.19に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。
ダンガンロンパ1の方を取り敢えずクリアした餅。です。

さくらちゃんマジ天使の意味を理解しました。ほんま天使やった…

 

さて、今回は新装開店したど素人サイトに新規追加したプラグインの話。

餅。は今まで、WordPressでパンくずを作る際にひとつひとつ手動で設置していました。
カテゴリーページのとき、シングルページのとき、カスタム投稿のとき、全て関数が違うこともあり、全てをひっくるめたパンくずというのが自分の中でなかなか完成させられませんでした。

そんな最中に出会った「Breadcrumb NavXT」プラグイン。
こちらはパンくずを自動生成してくれる超優れものでした。

というのも、パンくずを作るだけのプラグインであれば多種多様ありますが、このプラグインは使用者の好みやサイトの仕様に合わせて、吐き出されるタグを自由にカスタマイズできるのです。

これを使えば、Google検索でもパンくずが表示されるパンくずにも対応可能です。

 

ということでその手順ですが、まずはBreadcrumb NavXTをインストール。
自動インストールで問題なしです。

次に、有効化してもプラグイン設定をしないと一切反映されないので、
設定 > Breadcrumb NavXT へ。
こちらを操作することで、初めてプラグインが動き始めます。

なお、この際テンプレートの方ではパンくずを表示させる部分を

<?php if(function_exists('bcn_display')) { bcn_display(); } ?>

に置き換えます。

で、Google検索を反映させるための設定ですが、まずは最初のページの、
「現在のページを示す項目にリンクを張る」
「ホームを示すパンくず」
にチェックを入れ、以後の
「○○テンプレート」の欄にあるタグを全て

<span itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb"><a itemprop="url" href="%link%"><span itemprop="title">%htitle%</span></a></span>

に変更します。
特別にデザインを変えたいなどの要望がない限り、全てこのコードに変えて構いません。
勿論、お好みや仕様に合わせて最初のspanをliにしても大丈夫です。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)