ど素人から毛を生やす。<延>

Game,Tale

恋愛テーマのRPGで幼馴染ヒロインは可能か? - 創作ど素人考察

どもです。

恋愛をテーマにしたRPG、という場合、基本的にヒロインは落下系。
冒頭で運命の出会いを果たした少女です。

これは主人公からヒロインに対する感情・情報の初期値をプレイヤーと同じにできるためで、逆に言えば幼馴染ヒロインで恋愛メインは主人公に感情移入し辛くて、やり辛い。

友「御託はどうだっていい!幼馴染ヒロインで恋愛ものRPGがやりたいんだ!!」... 全文を読む »

俺TUEEの是非から見る、漫画と小説の違い - 創作ど素人考察

どもです。
今回結構書き殴りで口が悪いのでご注意をば。気が向いたら書き直すか消すかします。

ちょっと突如としてネタが湧いたので、異世界トリップ物の漫画を組んでみました。
その話を友人にしたところ、

友... 全文を読む »

RPGにて「クール系幼馴染パーティメンバー」が成立する条件 - 創作ど素人考察

どもです。
自己整理がてら。

さて、RPGに於いて「クール」なキャラクターというのは、格好良い反面で扱いづらい属性です。
今回はこれに、元気っ子や世話焼きキャラの傾向がある「幼馴染」という属性を添付できる条件を考察します。

☆1.クールなキャラがパーティインする条件

... 全文を読む »

マイクラで定点撮影をしてみたくて。1.7.10版

動画サイトでよく見る、定点カメラで建築を撮影するやつをやってみたい。
最終手段はマルチプレイで片方を録画状態で放置、ですが、そのためにアカウント2つ購入するのも勿体ないのでMODで解決できる方法を探ってみます。

後から撮影ポイントを変えられるとかいう「ReplayMod」
→ LittleMaidMobXと競合!

... 全文を読む »

プレイヤーのモチベーションを保つRPGの3大要素 - 創作ど素人考察

どもです。
毎度の備忘録。

王道は正道。何事も守破離の精神。
と、一般論を言うのは簡単ですが、果たしてRPGの王道とは何か。

悪いドラゴンを倒してお姫様を救出する?... 全文を読む »

個人的レビュー:テイルズオブベルセリア

どもです。

前作のTOZのレビューを書いたので、続編のベルセリアも書いておこうかと思いました。
当たり前ですがネタバレ乱舞です。ご注意。

システム:大幅に改善、但し「テイルズらしさ」が行方不明

前作のシステム点での最大の問題点、... 全文を読む »

「神の視点」 - 創作ど素人考察

どもです。
C+学習の方が思った以上に難航しているので一時中断。
基礎からしっかり、外部機関を利用した学習をすることにしたので記事を一度取り下げました。

で、久々の更新ですが、友人と話していたときにひとつ見つけた話を。

Re:ゼロから始める異世界生活というアニメがあるのですが、

... 全文を読む »

物語に「理屈」と「理論」は必要か - 創作ど素人考察

初めに結論を書きますと、

全ての物語に「理屈」は必要。
作者が天才的・感覚的でないなら... 全文を読む »

狭いターゲットに《物語》を、広いターゲットに《配慮》を。- 創作ど素人考察

先日、漫画家志望の友人と喋る機会がありました。

彼の創作の原点は特撮で、彼の書きたいものもまた、特撮にノリの近いヒーローものでした。
その構想についてが主題だったのですが、彼は模倣から入るタイプで、ノウハウ本などには目もくれません。
僕とはやり方が真っ向から異なる彼ですから、その曖昧な根拠に基づく拘りに、ときには僕の方でも気付かされることが多いわけです。

本命ターゲットの模索の必要性

... 全文を読む »

生の涙を描くのは、死の涙を描くよりよほど難しい件。- 創作ど素人考察

どもです。
先日、友人と喋っていた内容が割と忘れ難かったので文字にしておこうと思いました。

 

僕が初めて泣いた小説は、魔界戦記 ... 全文を読む »

個人的レビュー:テイルズオブゼスティリア

どもです。
TOZをクリアしまして、ネットでは結構賛否両論の作品だと知りましたので私見をば。
多少のネタバレを含みますのでご注意。

全体:良くも悪くも挑戦作

話題を集めた「ヒロイン詐欺」といい、戦闘時に専用画面を作らないシステムといい、アニメーション先行配信もそうですが、今作は良くも悪くも挑戦作といった雰囲気でした。... 全文を読む »

キャラクターの死亡表現における2つのパターン - 創作ど素人考察

物語において、キャラクターが死亡する一幕は重要な意味を持ちます。
逆に言えば、重要な意味をもたらせないキャラクターの死亡シーンは避けるべきです。

と、口で言うのは簡単ですが、一体どうすれば価値のある死亡シーンが描けるのか。
どうすると価値の薄いシーンになってしまうのか。

これを考えるために、キャラクターの死亡シーンを2つのパターンで捉てみます。... 全文を読む »