ど素人から毛を生やす。<延>

WordPressの手動アップデートに失敗したとき確認したい単純なこと

Web > WordPress 2014年12月24日(最終更新:2年前)

このページは2014.12.24に作成されています。時代の流れとそぐわない可能性があったり、僕が今以上のど素人だった頃の記事だったりするので、新しい記事を探してみるのも良いかもしれません。

どもです。

このたび、WordPressがver4.1にバージョンアップされましたが、これを手動更新しようとした際に起きたハプニングをひとつ。

2つのサイトで手動更新して、片方だけ管理画面真っ白。

サーバーの設定如何では、WordPressの自動インストールができません。
そして、サーバーの設定如何では、手動インストールしたWordPressを自動アップデートできません。

当サイトもその類です。
そして、今月の上旬にWordPressを新規設置したサイトがありまして、そのサーバーも自動更新がダメなタイプでした。

ので、ダウンロードして解凍、上書きアップロードをしたのですが…
当サイトは問題なくアップデート完了、しかし、もうひとつのサイトの管理画面が純白と化しました。

原因は「設置日時」と「上書き方法」

気づくと単純な話なのですが、この原因は、一部ファイルが上書きされていなかったことでした。

サーバーの設定によってはファイルの更新日時が、ファイルそのものの更新日時ではなく、サーバー側での更新日時になるものがあります。

そんなサーバーにバージョンアップ直前の日付でインストールされた旧バージョン。
そしてアップロード時間短縮のために「新しければ上書き」の条件でアップロードした新バージョン。

つまり、そういうことです。

比較的レアなサーバー設定だと思いますが、

更新日時がサーバー側での日時になるサーバーで手動アップデートする際は、「全て上書き」の条件でアップロードを行いましょう。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった  (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)